温かいお湯でいれる > 特選 有機玉露 <50g>

特選 有機玉露 <50g>

令和3年産 新茶出来上がりました!
宇治茶として名を馳せる茶処名産地宇治田原町の「湯屋谷」で生産された「有機栽培」により作られた「玉露」です。

生産者は永谷昌裕さん。

かつては、無農薬栽培とも呼ばれましたが、現在は有機栽培と言われるのが一般的です。

無農薬のみに限らず、化学肥料を使うことなく育まれるお茶は決して簡単に作られるものではありませんでした。草取りや施肥作業には大変な苦労が伴います。加えて害虫たちから大切なお茶の葉を守ってくれる天敵達との戦いには、十数年の歳月を要しました。

そして、今ようやく製茶へと!

生葉を口にすると、「ふんわりした苦味の中に旨み」が口の中に広がります。「あく」の少ない有機栽培の玉露は素朴な懐かしい風味がかおります。

摘みたての今のシーズン(6月〜7月)は、生葉の香りも爽やかで冷ましたお湯で入れると初夏の風味を楽しめます。

なんと言っても「オススメのの入れ方」は〜水出しです!

※50g入りから販売いたします。



 
販売価格:933 円(税込)
ポイント:9pt
10000円以上は配送料無料

数量:



<おススメの美味しい飲み方>

「玉露」は、40度〜50度ほどの低温で飲むのがベストです。

おススメの飲み方は「氷だし」です。



5gのお茶に、たっぷりの氷をいれ、その上から少し水をたらします。

ゆっくり氷が溶けお茶が浸出していきます。

その色合いは「透き通った薄い青緑色」で「旨み」は舌を転がります。

ワインや冷酒を楽しむように、じっくりお楽しみいただけます。

お茶一杯当たりのお値段は80円(税抜)です。

3煎目までお飲みいただけます。

4煎目以降は、お湯でお飲みください。

※もちろんお湯でも美味しくお楽しみいただけます。

5gのお茶を急須へ!

手のひらに乗せ「熱くない」くらいに「湯冷まし」をした、お湯を40cc〜50cc。

静かにお茶へ注いで、1分30秒程度、浸出させます。

湯呑に注ぎわけ、最後の一滴までシッカリ浸出させます。

2煎目以降は、少しづつお湯の温度を上げてお飲みください。
急須は無くてもお茶は楽しめます!

用意するものは「小さなカップ」と「茶こし」「お湯呑み」です。

「なみだ型」の小さな器を用意しました。(100円ショップでも手に入ります)

お茶を入れて...



手を添えても...熱くないくらい...冷めた...お湯を入れます!



お茶が「ふんわりひろがってきたら」茶こしの中へ!
約1分30秒ぐらい...



とっても素朴な「きゅん!」とした美味しさをお楽しみいただけます!